499円 ロベルタディカメリーノ(Roberta di Camerino)の巾着ポーチ レディース 小物 その他 rosewoodcraft.com,レディース , 小物 , その他,ロベルタディカメリーノ(Roberta,499円,Camerino)の巾着ポーチ,/Etheostominae1601579.html,di 【あすつく】 ロベルタディカメリーノ Roberta di Camerino の巾着ポーチ rosewoodcraft.com,レディース , 小物 , その他,ロベルタディカメリーノ(Roberta,499円,Camerino)の巾着ポーチ,/Etheostominae1601579.html,di 【あすつく】 ロベルタディカメリーノ Roberta di Camerino の巾着ポーチ 499円 ロベルタディカメリーノ(Roberta di Camerino)の巾着ポーチ レディース 小物 その他

あすつく ロベルタディカメリーノ Roberta di 春のコレクション Camerino の巾着ポーチ

ロベルタディカメリーノ(Roberta di Camerino)の巾着ポーチ

499円

ロベルタディカメリーノ(Roberta di Camerino)の巾着ポーチ

商品の状態目立った傷や汚れなし
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法ゆうゆうメルカリ便
発送元の地域東京都
発送までの日数1~2日で発送



ロベルタディカメリーノ(Roberta di Camerino)の巾着ポーチです。 未使用のまま長期間自宅保管していました。 写真2枚目は裏返した様子です。

ロベルタディカメリーノ(Roberta di Camerino)の巾着ポーチ

Node.js FileStreamの読み込みを一時停止しつつ、一括登録を実行する

郵便番号データをTedious BulkLoadで一括登録してみました。
Node.js Tedious でBulkLoadを使用して郵便番号データを一括登録

このときは郵便番号約12万件をすべて読みこんで一括登録しましたが、
登録するデータ件数が増えた場合を考慮し、1万件毎にBulkLoadするよう修正してみます。


最初のサンプル



1万件読み込んだらBulkLoadを実行すればよいだろうと修正したソースがこちら。


  1. const fs = require('fs');
  2. const readline = require('readline')
  3. const { Connection, TYPES } = require('tedious')
  4. // 設定に従いデータベースへ接続
  5. function create_connection(config) {
  6.     
  7.     const connection = new Connection(config)
  8.     // Promiseをnewした時点で引数のfunctionが実行される
  9.     const p = new Promise(function(resolve, reject) {
  10.         connection.on('connect', err => {
  11.             if (err) {
  12.                 reject(err)
  13.             } else {
  14.                 resolve(connection)
  15.             }
  16.         });
  17.         connection.connect()
  18.     });
  19.     return p
  20.     
  21. }
  22. // BulkLoadの実行
  23. function execBulkLoad(connection, rows) {
  24.     const p = new Promise(function(resolve, reject) {
  25.         // BulkLoad用の設定
  26.         const options = {}
  27.         const bulkLoad = connection.newBulkLoad('postal_code', options, function (error, rowCount) {
  28.             resolve('inserted ' + rowCount + ' rows');
  29.         })
  30.         bulkLoad.addColumn('code', TYPES.Char, { nullable: false })
  31.         bulkLoad.addColumn('address', TYPES.NVarChar, { length: 100, nullable: false })
  32.         rows.forEach((row) => {
  33.             // { code: '郵便番号', address: '住所'} の形式のデータをaddRow
  34.             bulkLoad.addRow(row)
  35.         })
  36.         // バルクロード実行
  37.         connection.execBulkLoad(bulkLoad)
  38.     });
  39.     return p
  40. }
  41. async function main() {
  42.     // データベースに接続
  43.     const config = {
  44.         authentication: {
  45.             options: {
  46.                 userName: 'sa',
  47.                 password: 'P@ssw0rd'
  48.             },
  49.             type: 'default'
  50.         },
  51.         server: 'localhost',
  52.         options: {
  53.             database: 'sample',
  54.             encrypt: false
  55.         }
  56.     }
  57.     const connection = await create_connection(config);
  58.     const stream = fs.createReadStream('./KEN_ALL_UTF8.CSV', 'utf8')
  59.     const reader = readline.createInterface({ input: stream })
  60.     let rows = []
  61.     let rowCount = 0
  62.     reader.on('line', async (data) => {
  63.         // 郵便番号情報を取得
  64.         const item = data.split(',').map((value) => { return value.replace(/^"+|"+$/g,'') })
  65.         const code = item[2]
  66.         const address = item[6] + item[7] + item[8]
  67.         rows.push({code: code, address: address})
  68.         if (rows.length == 10000) {
  69.             const msg = await execBulkLoad(connection, rows)
  70.             console.log(msg)
  71.             rows = []
  72.         }
  73.         rowCount++
  74.     })
  75.     reader.on('close', async () => {
  76.         // 登録実行
  77.         if (rows.length) {
  78.             const msg = await execBulkLoad(connection, rows)
  79.             console.log(msg)
  80.         }
  81.         console.log(rowCount)
  82.         connection.close()
  83.     })
  84. }
  85. main()




実行すると、半分程度しか登録されません。


$ node app.js
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 876 rows
124517



読み込んだ件数12万件に対し、インサートログは60,874件。
実際にデータベースへ登録されていたのは、60,876件でした。
なんでだ?



pause / resume



BulkLoadを実行中もファイル読み込みが実行されるのでデータ件数が合わないのでは?

ドキュメントを見てみると、streamにはpauseとresumeというメソッドがあります。
https://nodejs.org/api/stream.html#stream_readable_pause

BulkLoad前にpauseを呼び出し。
終わったらresumeを呼び出して処理再開としてみます。

修正箇所の抜粋です。


  1.     reader.on('line', async (data) => {
  2.         // 郵便番号情報を取得
  3.         const item = data.split(',').map((value) => { return value.replace(/^"+|"+$/g,'') })
  4.         const code = item[2]
  5.         const address = item[6] + item[7] + item[8]
  6.         rows.push({code: code, address: address})
  7.         if (rows.length == 10000) {
  8.             reader.pause() // 読み込みを一旦停止
  9.             const msg = await execBulkLoad(connection, rows)
  10.             console.log(msg)
  11.             rows = []
  12.             reader.resume() // 読み込み再開
  13.         }
  14.         rowCount++
  15.     })





$ node app.js
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 10000 rows
inserted 2091 rows
124517



読み込んだレコード数と登録件数がかなり近づきましたが、まだ漏れがあります。



await pause



pauseが実行されるまでに読み込んでしまうデータがあるのでは?と思い、pauseにawaitをつけてみました。


  1.     reader.on('line', async (data) => {
  2.         // 郵便番号情報を取得
  3.         const item = data.split(',').map((value) => { return value.replace(/^"+|"+$/g,'') })
  4.         const code = item[2]
  5.         const address = item[6] + item[7] + item[8]
  6.         rows.push({code: code, address: address})
  7.         if (rows.length == 10000) {
  8.             await reader.pause() // 読み込みを一旦停止
  9.             const msg = await execBulkLoad(connection, rows)
  10.             console.log(msg)
  11.             rows = []
  12.             reader.resume() // 読み込み再開
  13.         }
  14.         rowCount++
  15.     })




$ node app.js
inserted 10376 rows
inserted 10311 rows
inserted 10123 rows
inserted 10291 rows
inserted 10219 rows
inserted 10029 rows
inserted 10024 rows
inserted 10316 rows
inserted 10190 rows
inserted 10161 rows
inserted 10221 rows
inserted 10165 rows
inserted 2091 rows
124517




これで読み込んだ件数と登録件数が一致してくれました。
・・・しかし、指定した件数でのデータ登録とはならず、分割境界値付近での挙動が気になります。
エディタにもawaitの意味がないという警告が表示されますし。



pause event



pauseしたときに発生するイベント内でデータ登録を行うよう修正しました。


  1. const fs = require('fs');
  2. const readline = require('readline')
  3. const { Connection, TYPES } = require('tedious')
  4. // 設定に従いデータベースへ接続
  5. function create_connection(config) {
  6.     
  7.     const connection = new Connection(config)
  8.     // Promiseをnewした時点で引数のfunctionが実行される
  9.     const p = new Promise(function(resolve, reject) {
  10.         connection.on('connect', err => {
  11.             if (err) {
  12.                 reject(err)
  13.             } else {
  14.                 resolve(connection)
  15.             }
  16.         });
  17.         connection.connect()
  18.     });
  19.     return p
  20.     
  21. }
  22. // BulkLoadの実行
  23. function execBulkLoad(connection, rows) {
  24.     const p = new Promise(function(resolve, reject) {
  25.         // BulkLoad用の設定
  26.         const options = {}
  27.         const bulkLoad = connection.newBulkLoad('postal_code', options, function (error, rowCount) {
  28.             resolve('inserted ' + rowCount + ' rows (input:' + rows.length+')');
  29.         })
  30.         bulkLoad.addColumn('code', TYPES.Char, { nullable: false })
  31.         bulkLoad.addColumn('address', TYPES.NVarChar, { length: 100, nullable: false })
  32.         rows.forEach((row) => {
  33.             // { code: '郵便番号', address: '住所'} の形式のデータをaddRow
  34.             bulkLoad.addRow(row)
  35.         })
  36.         // バルクロード実行
  37.         connection.execBulkLoad(bulkLoad)
  38.     });
  39.     return p
  40. }
  41. async function main() {
  42.     // データベースに接続
  43.     const config = {
  44.         authentication: {
  45.             options: {
  46.                 userName: 'sa',
  47.                 password: 'P@ssw0rd'
  48.             },
  49.             type: 'default'
  50.         },
  51.         server: 'localhost',
  52.         options: {
  53.             database: 'sample',
  54.             encrypt: false
  55.         }
  56.     }
  57.     const connection = await create_connection(config);
  58.     const stream = fs.createReadStream('./KEN_ALL_UTF8.CSV', 'utf8')
  59.     const reader = readline.createInterface({ input: stream })
  60.     let rows = []
  61.     let bulkRows = []
  62.     let rowCount = 0
  63.     reader.on('line', (data) => {
  64.         // 郵便番号情報を取得
  65.         const item = data.split(',').map((value) => { return value.replace(/^"+|"+$/g,'') })
  66.         const code = item[2]
  67.         const address = item[6] + item[7] + item[8]
  68.         rows.push({code: code, address: address})
  69.         
  70.         if (rows.length == 10000) {
  71.             bulkRows.push(rows)
  72.             rows = []
  73.             reader.pause() // 読み込みを一旦停止
  74.         }
  75.         rowCount++
  76.     })
  77.     reader.on('pause', async () => {
  78.         // reader.pauseに加え、closeイベントの前にも呼び出される
  79.         // 登録内容が存在しない場合はスキップ
  80.         if (bulkRows.length == 0) {
  81.             return
  82.         }
  83.         const msg = await execBulkLoad(connection, bulkRows.pop())
  84.         console.log(msg)
  85.         reader.resume() // 読み込み再開
  86.     })
  87.     reader.on('close', async () => {
  88.         // 登録実行
  89.         if (rows.length > 0) {
  90.             const msg = await execBulkLoad(connection, rows)
  91.             console.log(msg)
  92.         }
  93.         console.log(rowCount)
  94.         connection.close()
  95.     })
  96. }
  97. main()




狙い通りの実行結果です。


$ node app.js
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 10000 rows (input:10000)
inserted 4517 rows (input:4517)
124517


関連記事

fastify データベースを検索した結果をhtmlで表示する

fastifyでデータベースの検索やhtmlの表示を試してみました。
fastifyで郵便番号検索APIのサンプル
fastifyでhtmlビューを表示する(point-of-view, ejs)

2つを組み合わせて、データベースを検索した結果をhtmlで表示してみます。


サンプル



サーバー部分は以下のようになりました。

・server.js


  1. const fastify = require('fastify')({ logger: true })
  2. const postal = require('./module/postal')()
  3. fastify.register(require('point-of-view'), {
  4.     engine: {
  5.         ejs: require('ejs')
  6.     }
  7. })
  8. fastify.get('/', async (req, reply) => {
  9.     // 検索結果をviewに渡す
  10.     const rows = await postal.search('銀座')
  11.     reply.view('/views/index.ejs', { rows: rows })
  12. })
  13. fastify.listen(3000, '0.0.0.0', err => {
  14.     if (err) throw err
  15.     console.log(`server listening on ${fastify.server.address().port}`)
  16. })




データベースを検索する処理です。

・module/postal.js


  1. const { Connection, Request } = require('tedious')
  2. module.exports = () => {
  3.     // 接続情報
  4.     const config = {
  5.         authentication: {
  6.             options: {
  7.                 userName: 'sa',
  8.                 password: 'P@ssw0rd'
  9.             },
  10.             type: 'default'
  11.         },
  12.         server: 'localhost',
  13.         options: {
  14.             database: 'sample',
  15.             encrypt: false,
  16.             rowCollectionOnRequestCompletion : true
  17.         }
  18.     }
  19.     // 設定に従いデータベースへ接続
  20.     this.create_connection = (config) => {
  21.     
  22.         const connection = new Connection(config)
  23.         // Promiseをnewした時点で引数のfunctionが実行される
  24.         const p = new Promise(function(resolve, reject) {
  25.             connection.on('connect', err => {
  26.                 if (err) {
  27.                     reject(err)
  28.                 } else {
  29.                     resolve(connection)
  30.                 }
  31.             })
  32.             connection.connect()
  33.         })
  34.         return p
  35.         
  36.     }
  37.     // SQLの実行
  38.     this.execute = (connection, sql) => {
  39.         const p = new Promise(function(resolve, reject) {
  40.             const request = new Request(sql, (err, rowCount, columns) => {
  41.                 if (err) {
  42.                     reject(err)
  43.                     return
  44.                 }
  45.                 let rows = []
  46.                 columns.forEach(column => {
  47.                     let row = {}
  48.                     column.forEach(field => {
  49.                         row[field.metadata.colName] = field.value
  50.                     });
  51.                     rows.push(row)
  52.                 });
  53.                 
  54.                 resolve(rows)
  55.             })
  56.             connection.execSql(request)
  57.         });
  58.         return p
  59.     }
  60.     // 住所の一部でデータを検索
  61.     this.search = async (address) => {
  62.         const connection = await this.create_connection(config)
  63.         const rows = await this.execute(connection, "SELECT * FROM postal_code WHERE address LIKE '%" + address + "%' ORDER BY code")
  64.         connection.close()
  65.         return rows
  66.     }
  67.     return this
  68. }




表示部分はこのようになりました。

・views/index.ejs


  1. <html lang="ja">
  2. <head>
  3. <meta charset="UTF-8">
  4. <title>fastifyサンプル</title>
  5. <style>
  6. table {
  7.     border: solid 2px;
  8.     border-collapse: collapse;
  9. }
  10. th, td {
  11.     border: solid 2px;
  12.     padding: 4px;
  13. }
  14. </style>
  15. </head>
  16. <body>
  17.     <table>
  18.         <thead>
  19.             <tr>
  20.                 <th>郵便番号</th>
  21.                 <th>住所</th>
  22.             </tr>
  23.         </thead>
  24.         <tbody>
  25.             <% rows.forEach(row => { %>
  26.                 <tr>
  27.                     <td><%= row.code %></td>
  28.                     <td><%= row.address %></td>
  29.                 </tr>
  30.             <% }) %>
  31.         </tbody>
  32.     </table>
  33. </body>
  34. </html>




サーバーを起動してブラウザで表示してみると、ちゃんと住所に「銀座」を含む結果が表示されました。



関連記事

fastify 入力データの検証(validation)

fastifyで入力データの検証を試してみます。

id:数値
address:文字列 必須

というパターンだとこんな感じになりました。
受け取ったデータをそのまま送り返しています。


  1. const fastify = require('fastify')({ logger: true })
  2. const opts = {
  3.     schema: {
  4.         body: {
  5.             type: 'object',
  6.             required: [ // addressを必須項目に
  7.                 'address'
  8.             ],
  9.             properties: {
  10.                 id: { type: 'number'},
  11.                 address: { type: 'string' }
  12.             }
  13.         }
  14.     }
  15. }
  16. fastify.post('/', opts, async (req, reply) => {
  17.     // jsonデータはreq.bodyに設定される
  18.     return req.body
  19. })
  20. fastify.listen(3000, '0.0.0.0', err => {
  21.     if (err) throw err
  22.     console.log(`server listening on ${fastify.server.address().port}`)
  23. })




正常系

$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data '{"id": 123, "address":"住所"}' -X POST -H 'Content-Type:application/json'
{"id":123,"address":"住所"}



idが文字列(数値へ変換可能)

$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data '{"id": "123", "address":"住所"}' -X POST -H 'Content-Type:application/json'
{"id":123,"address":"住所"}


自動的に数値へ変換されました。

idが文字列(数値へ変換不可)

$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data '{"id": "abc", "address":"住所"}' -X POST -H 'Content-Type:application/json'
{"statusCode":400,"error":"Bad Request","message":"body.id should be number"}


ちゃんとエラーになりました。

idがなし

$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data '{"address":"住所"}' -X POST -H 'Content-Type:application/json'
{"address":"住所"}



addressが空白文字列

$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data '{"id": 123, "address":""}' -X POST -H 'Content-Type:application/json'
{"id":123,"address":""}



addressが数値

$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data '{"id": 123, "address":456}' -X POST -H 'Content-Type:application/json'
{"id":123,"address":"456"}



addressがなし

$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data '{"id": 123}' -X POST -H 'Content-Type:application/json'
{"statusCode":400,"error":"Bad Request","message":"body should have required property 'address'"}




このvalidationは、「Ajv」を使用しているとのことで、詳しい使い方はこちらのドキュメントを見たほうが良さそうです。
https://ajv.js.org/json-schema.html

関連記事

fastify json形式のPOSTデータ受け取り

fastifyはPOSTデータはjson形式を想定しており、x-www-form-urlencoded形式のデータ受信にはひと工夫必要でした。
fastifyでPOSTデータ受信時、FST_ERR_CTP_INVALID_MEDIA_TYPE

POSTデータがjson形式の場合について見てみます。

プログラム修正




  1. {"address":"銀座"}



という形式で検索パラメーターを送信することにします。
json形式のPOSTデータは自動的にパースされ、req.bodyに設定されました。


  1. const fastify = require('fastify')({ logger: true })
  2. const postal = require('./module/postal')()
  3. fastify.post('/', async (req, reply) => {
  4.     // jsonデータはreq.bodyに設定される
  5.     const address = req.body.address
  6.     const rows = await postal.search(address)
  7.     return rows
  8. })
  9. fastify.listen(3000, '0.0.0.0', err => {
  10.     if (err) throw err
  11.     console.log(`server listening on ${fastify.server.address().port}`)
  12. })




動作確認


$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data '{"address":"銀座"}' -X POST -H 'Content-Type:application/json'
[
    {"code":"0691331","address":"北海道夕張郡長沼町銀座"},
    {"code":"1040061","address":"東京都中央区銀座"}
...
]

キッズ ベビー ニットベレー帽配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域鹿児島県発送までの日数1~2日で発送6400 授業を死ぬ思いで頑張っているという事を知っています このノートを持っていて不合格だった人を私は知りません 看護学生 #暗記カード 看護師国家試験 絶対に落ちる事の出来ないあなたへ 5 同時購入割引きしています 2400−500割引=8300円 おまけもりもり 出品者負担 専用出品致します 絶対に落ちれない A3 貴方の購入をお待ちしています 私もその1人でした #国家試験対策 辛い実習や課題 国試が近づいてきてますね #看護学生ノート 絶対合格ノート 4150円 #まとめノート 4点1500円割 Roberta 学生必見データCD版2000円 受験票の写真を送って頂いた方のみ の巾着ポーチ 看護師国家試験 必ず合格します #看護学生 USB版2500円 暗記カード2400円 合格ノート6400円 付箋1800円 コメントにてお申し付けください #看護学校 未使用配送料の負担送料込み 当商品は看護師国家試験で最も重要な部分を分かりやすく纏めたフルカラーイラスト付きのノート60ページ 絶対に落ちる事ができないプレッシャーを抱えながら この商品さえあれば絶対合格するという自信があるため di 追記1 ノートを買って確実に合格を掴んでください フルカラーコピーしてお届けします 様々な事情や病院奨学金など Camerino 商品の状態新品 秘伝 10万くらい払ってネットのゼミ講座を受けるより 二度目でこのノートを貸した所合格しています 学生に便利なおまけもつけますね 一度落ちた人も 落ちたら死ぬ もし不合格だった場合 コアラ様専用出品 #ナース#看護 こちらのノートの方が絶対良いです #看護師 出品手数料の差額を引いた全額返金いたします #検査値 #楽して合格しよう ロベルタディカメリーノ #国試 そんな人に是非買って頂きたいです 閲覧ありがとうございます 看護学生は社会人入学が多く 送料 の商品です 注意 2点購入500円割 3点1000円割最新号 ESSE エッセ 2021 11月号ロベルタディカメリーノ facial di 配送の方法ゆうゆうメルカリ便発送元の地域未定発送までの日数2~3日で発送特徴···エイジングケア Roberta Peel Derma-E 未使用配送料の負担送料込み 1000円 の巾着ポーチ 夜用スキンケア Exfoliant Overnight 出品者負担 商品の状態新品 CamerinoB6 ブラック 本革手帳の巾着ポーチ ロベルタディカメリーノ  ゆったりしていて ムージョンジョン 商品の状態目立った傷や汚れなし商品のサイズ100cm配送料の負担送料込み サイズアウトの為出品します 薄い生地なので動きやすいです お尻のプリントも可愛いです 綺麗な方だとは思いますが Camerino 100cm 内側タグに名前が書いてあるので 裾などは擦れもなく綺麗ですが Roberta 完璧を求める方はご購入をお控え下さい 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域未定発送までの日数1~2日で発送ムージョンジョンのパンツです コーデュロイ生地ですが 出品者負担 あくまで中古品ですので di 199円 多少の使用感はあります パンツ マジックで消しての発送になりますスタイ 2枚セットロベルタディカメリーノ 出品者負担 エアウォーク ウェスト調整締めるヒモ部分のところが切れております 黒いスレの部分も何箇所かありますのでご理解の上購入ください Roberta の巾着ポーチ Camerino 配送の方法未定発送元の地域神奈川県発送までの日数4~7日で発送大事に保管していましたが年数劣化により中綿が少し出ている部分もありますがまだまだきれる状態です di 1100円 あくまでも中古品です 折り畳み小さくして発送 ダウンジャケット 商品の状態やや傷や汚れあり商品のサイズM配送料の負担送料込みウェディングドレス アトリエアンRoberta 175円 ロベルタディカメリーノ di 商品の状態やや傷や汚れあり商品のサイズ110cm配送料の負担送料込み 女の子 出品者負担 写真③ Camerino 110 の巾着ポーチ 内側タグ部分に記名あります SとNの所にシミがあります 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域福岡県発送までの日数1~2日で発送2年前に保育園でのプール時に着用してました 水着美品‼️ J.PRESS ストレッチ素材のトップス お下がりでいただいたものですが スカートはアシンメトリーでオシャレです 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域神奈川県発送までの日数1~2日で発送トップスはオフショルダー の巾着ポーチ ウエストのゴムを取り替える為に切り込みを入れたように見えます 130か140のサイズ服を着るくらいの身長になってから着た方がバランス良く可愛かったです 着ていて見えるわけではないですが 250円 好みの問題かもしれませんが Roberta ロベルタディカメリーノ 商品の状態目立った傷や汚れなし商品のサイズ120cm配送料の負担送料込み サイズは7years Camerino 出品者負担 上下セット di 気になる方はご購入されない方が宜しいかと思います HEIGHT122㎝と表記があります★プロフ必読╰(*´︶`*)╯♡様専用ページ★ 飽きたので出品します SIMPSON 差し色でのコインケースはオシャレだと思います スカイブルー 予めご了承くださいませ の巾着ポーチ 700円 商品の状態未使用に近い配送料の負担送料込み まだ10回も使っておりませんが 000円程で購入しました di 配送の方法ゆうゆうメルカリ便発送元の地域大阪府発送までの日数4~7日で発送百貨店で20 コインケース 箱は捨ててしまったのでありません ロベルタディカメリーノ Roberta 出品者負担 Camerino 使用品なので LONDONやすらぎふわふわメリー出品者負担 商品の状態新品 新品未使用 Roberta Camerino 配送の方法ゆうゆうメルカリ便発送元の地域栃木県発送までの日数1~2日で発送新品未使用です 箱少し汚れありよろしくお願いします 未使用配送料の負担送料込み ロベルタディカメリーノ ジュージューボーイ 2500円 の巾着ポーチ di

fastifyでPOSTデータ受信時、FST_ERR_CTP_INVALID_MEDIA_TYPE

fastifyで郵便番号検索APIを作ってみました。
fastifyで郵便番号検索APIのサンプル

検索する住所をGETのクエリーパラメーターではなく、POSTで送信するよう変更してみます。


最初の実装



「fastify.getをfastify.postに変えれば動くだろう」と思い変更してみました。

・server.js


  1. const fastify = require('fastify')({ logger: true })
  2. const postal = require('./module/postal')()
  3. /*
  4. fastify.get('/', async (req, reply) => {
  5.     // クエリーパラメーター取得
  6.     const address = req.query.address
  7.     const rows = await postal.search(address)
  8.     return rows
  9. })
  10. */
  11. // postに変更
  12. fastify.post('/', async (req, reply) => {
  13.     const address = req.query.address
  14.     const rows = await postal.search(address)
  15.     return rows
  16. })
  17. fastify.listen(3000, '0.0.0.0', err => {
  18.     if (err) throw err
  19.     console.log(`server listening on ${fastify.server.address().port}`)
  20. })




curlで動作を確認すると、FST_ERR_CTP_INVALID_MEDIA_TYPE
Unsupported Media Type: application/x-www-form-urlencoded
というエラーになります。


$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data 'address=%E9%8A%80%E5%BA%A7' -X POST
{"statusCode":415,"code":"FST_ERR_CTP_INVALID_MEDIA_TYPE","error":"Unsupported Media Type","message":"Unsupported Media Type: application/x-www-form-urlencoded"





POST対応



調べてみると、デフォルトでPOSTはjson形式のみを受け付け、x-www-form-urlencodedなデータはエラーになるようです。
multipartも同様の模様。
Giving error with node/fastify Unsupported Media Type: application/x-www-form-urlencoded

fastify-formbodyを使うといいよとのこと。
fastify-formbody

インストールします。


$ npm install fastify-formbody




インストールしたfastify-formbodyを登録し、POSTデータをreq.bodyから取得するよう修正します。


  1. const fastify = require('fastify')({ logger: true })
  2. const postal = require('./module/postal')()
  3. // POST対応
  4. fastify.register(require('fastify-formbody'))
  5. // postに変更
  6. fastify.post('/', async (req, reply) => {
  7.     // req.bodyからPOSTデータを取得するよう変更
  8.     //const address = req.query.address
  9.     const address = req.body.address
  10.     const rows = await postal.search(address)
  11.     return rows
  12. })
  13. fastify.listen(3000, '0.0.0.0', err => {
  14.     if (err) throw err
  15.     console.log(`server listening on ${fastify.server.address().port}`)
  16. })




これでPOSTデータを受け取り、検索が実行できるようになりました。


$ curl 'http://192.168.11.104:3000' --data 'address=%E9%8A%80%E5%BA%A7' -X POST
[
     {"code":"0691331","address":"北海道夕張郡長沼町銀座"},
     {"code":"1040061","address":"東京都中央区銀座"}
...
]


関連記事

プロフィール

Author:symfo
blog形式だと探しにくいので、まとめサイト作成中です。
Symfoware まとめ

PR




検索フォーム

月別アーカイブ